みみうち、ひらめき、思いつき


by Shuko-3

津軽ツアー2018 第四日目 

⬛2018年8月29日(水) 10:45~11:45
   場所:第二うちがた   五所川原市

 津軽の障がい者施設「第二うちがた」に暮らす兼岡さんにとって、パフォーマンス楽団・結がおじゃまする日は、とっておきの日なんだと思う。

去年からライブの日には、お母さまとお姉さまを呼んで、いっしょに見てくれる。
  
それは、兼岡さん作詞、結作編曲の歌が、私たちによって披露されるからだ。

一年越しの宿題、暗黙の約束なのだ。  

兼岡さんは、足で扱うパソコンが堪能だ。 

 
 「虹色の女神たちがやってきた」
  
それは、兼岡さんから私たちへのラブレターのような歌詞。 

結のメロディー部はリハを重ね、作り上げた。
カラオケを作り、津軽へ向かう車の中で練習した。

歌が始まる。
兼岡さんは自由にならない身体を反り返らせ、顔をくしゃくしゃにし、声をあげ喜んでくれた。

隣でお母さまが、目頭を押さえている。
  
拍手が鳴りやまないうちから、お母さまが立ちあがり、よろよろと私たちに近づいて来る。
 
何かを私たちに渡そうとしている。

両手の平を差しのべると、震える手が小さくたたんだ1万円を乗せた。 

「おかげさまです・・ありがとうございます・・」

とっさに思い付いた行為だったのだろう。
お母さまは涙をいっぱいためて、そうおっしゃった。

 
私も自分を保つのに、必死だった。

d0008724_13384048.jpg

d0008724_13495346.jpg

d0008724_13500918.jpg

d0008724_13502827.jpg

[PR]
by Shuko-3 | 2018-08-29 22:28 | パフォーマンス楽団・結(ゆい) | Comments(0)