みみうち、ひらめき、思いつき


by Shuko-3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

秘策

二日目の 沸かし直しお風呂に これが便利

    『にがり』

食品だが 一日目のお風呂の後 数滴 湯船にたらしておくと
二日目の お風呂の水が さらさら
d0008724_08414875.jpg

[PR]
# by Shuko-3 | 2018-12-10 23:38 | 日記 | Comments(0)

クリスマスお楽しみ会

⬛2018年12月9日(日) 13:00~15:00
    場所:東大和市    武蔵大和
    出演:植松真理・shuko
       るりちゃん

真理ちゃんの太鼓仲間・殿が関わる施設の子供たちと 音あそび 
さすが 太鼓をやってるだけに 太鼓をいきいきと 叩いてくれた
d0008724_08321402.jpg
大人も 負けないよ~
d0008724_08352859.jpg
ピアノ連弾 うれしかったよー
d0008724_08330636.jpg

[PR]
# by Shuko-3 | 2018-12-09 23:29 | パフォーマンス楽団・結(ゆい) | Comments(1)

突然変異の連続

千葉県 北習志野にて 巨大なカリフラワーに 出会った
230円也
d0008724_20072881.jpg

ちょっと 調べてみた

  実はブロッコリーは野生のキャベツの花のつぼみが突然変異し大きくなったものが始まりなんです!そしてブロッコリーのつぼみが突然変異し白くなったものがカリフラワー!

へぇ~~ そうなんだ!


[PR]
# by Shuko-3 | 2018-12-08 20:06 | 日記 | Comments(0)

ミラクルハット 新作

このようなハットを と ご注文がありました
d0008724_10175199.jpg
(「JAXA プラズマ X線 赤外線の研究」より)

d0008724_10200406.jpg

d0008724_10203157.jpg

[PR]
# by Shuko-3 | 2018-12-07 23:16 | ミラクルハット | Comments(0)

結のクリスマス

⬛2018年12月6日(木) 13:30~15:00
   場所:志木市第二福祉センター
   出演:パフォーマンス楽団・結(ゆい)
        植松真理・エンジェルくみ・shuko

毎年 やらせていただく クリスマス
今年もあなたに サンタは 来ますよ~
d0008724_09251022.jpg

d0008724_09270391.jpg

d0008724_09262949.jpg

最後はみんなで 輪になる
ほんわかした気持ちが めぐる
d0008724_09284389.jpg

来年も元気で あいましょうね  いえ~い!
d0008724_09291640.jpg

[PR]
# by Shuko-3 | 2018-12-06 23:23 | パフォーマンス楽団・結(ゆい) | Comments(0)

ちょんど飯

豚ハンバーグ レンコンのきんぴら 白菜と厚揚げの煮物
宮古島野菜のサラダ 楽しまなく茶(宮古島のハーブ茶) ご飯
d0008724_16584477.jpg

[PR]
# by Shuko-3 | 2018-12-05 23:58 | ちょんど飯 | Comments(0)

結の音楽会

⬛2018年12月4日(火) 14:00~15:00
   場所:新座・すずのきクリニック
   出演:shuko・エンジェルくみ

 新座・すずのきクリニックにて、今年最後の講座『結の音楽会』をやらせていただきました。

「愛してるよ」は、くみちゃん即興の歌詞でした。
見事に着地、私は鍵盤弾きながらにんまり聴き惚れていたよ。

欲の“みん短”は、なかなか欲にならない。
みなさん、心がきれい✨

今年の出会いを飾ったら、ツリーの緑が見えなくなるくらい🎄

みなさんとの出会いももちろん、ピカピカ輝いています。

来年も元気にお会いしましょう。
d0008724_16574029.jpg

[PR]
# by Shuko-3 | 2018-12-04 23:55 | パフォーマンス楽団・結(ゆい) | Comments(0)

師走

ろうそくに 灯をともすように
あんなこと こんなこと 思い出してみる
d0008724_11221705.jpg

[PR]
# by Shuko-3 | 2018-12-03 23:21 | 日記 | Comments(0)
⬛2018年12月2日(日) 17:30~
   場所:赤坂ふらっとん 
   出演:VOICE エンジェルくみ・shuko
d0008724_14255825.jpg
勘違いから始まったこのご縁、こんなことになるとは!
実力派双子デュオ・VOICE の  2度目の前座
d0008724_14263322.jpg

d0008724_15490236.jpg

尊敬する ザ・ピーナッツのような ゆるぎない 圧倒的なハーモニー
d0008724_14285625.jpg
「やり方は違うけど、俺たち同じところを見てるよね!」
と お兄ちゃんに言っていただき、感激!

[PR]
# by Shuko-3 | 2018-12-02 23:21 | 活動報告 | Comments(0)

ミラクルハット 新作

ひまわりハットで、こんな感じのご注文がありました。
d0008724_14033798.jpg

[PR]
# by Shuko-3 | 2018-12-01 23:02 | ミラクルハット | Comments(0)

ミラクルハット 新作

アサギマダラのハットを と ご注文がありました。
d0008724_22191962.jpg
アサギマダラは 旅する蝶々。
去年 山口県の周防大島へ行ったとき  
フジバカマに群がるさまに 感動しました。
d0008724_22224326.jpg

[PR]
# by Shuko-3 | 2018-11-30 23:18 | ミラクルハット | Comments(0)

『よろこびのうた』

 日本で初めて、ベートーベンの第九が演奏されたのは徳島。
1919年12月1日のこと。

その経緯に興味を持っていたところ、タイムリーにこういうミュージカルに出会った。
d0008724_18103317.jpg


ティアラこうとう大ホール『よろこびのうた』
坊っちゃん劇場 from 愛媛
  
d0008724_18112142.jpg
「思いが溢れて溢れて感極まったときに、歌になるんだよ」
高校時代の恩師の言葉と同じ。



 第一次世界大戦中の徳島の収容所には、1000人近いドイツ兵が収容されていた。

所長は人間愛溢れた人で、上からの圧力がかかりながらも、収容所内ドイツ兵のドイツ的生活を提供した。

それと引き換えに、徳島の民にパン作りや西洋音楽を伝授してもらう、国際交流がなされた。  

 だんだん家族になっていく。
d0008724_22163996.jpg

 そのうちに日本が勝ち、ドイツの敗戦が告げられる。

ドイツ兵は全員帰国となる。
別れがつらい。心が残る。

 兵士には音楽隊もいるので、帰国前に、ぜひ音楽会を開こう!となる。
「よろこびのうた」を共に歌って、別れるのだ。

「戦いに負けたのに、どうして『よろこびのうた』なのか?」

「それは、みなさんへの感謝と、必ず復興する祖国ドイツへの応援なのだ」と大佐は応えた。

 

 最後の歌は、涙なしには聴けなかった。
  
随所に笑いも散りばめられ、舞台の流れが心地よい。
後方の席だったが、引き込まれる余りだんだん前の方に席を替え、後半は最前列で堪能した。

[PR]
# by Shuko-3 | 2018-11-29 23:09 | 日記 | Comments(0)

ビルが 空を 食べていく
d0008724_17441323.jpg

[PR]
# by Shuko-3 | 2018-11-28 23:42 | 日記 | Comments(0)

ミラクルハット 新作

緑の地球に 虹を架けるイメージで
d0008724_17401684.jpg

ハイビスカスのイメージで・・・と
ご注文がありました
d0008724_17404544.jpg

[PR]
# by Shuko-3 | 2018-11-27 23:36 | 日記 | Comments(0)

宮古島⑥

最終日。
出発の羽田直行便は夜なので、来間島へ。
d0008724_19535514.jpg
カフェ「パニパニ」で、南国気分にひたる。
ドラゴンフルーツとバナナでできた飲み物。
d0008724_19553523.jpg
トイレにも、大きな南国の樹が。
d0008724_17260441.jpg
アサギマダラも飛んできた。
d0008724_17300068.jpg

私にとっては、11回目の宮古島。
仲間と作る旅日記は、毎回発見の連続。一期一会。
ありがとう。

[PR]
# by Shuko-3 | 2018-11-26 23:52 | 日記 | Comments(0)

宮古島⑤

晴天が続く。ありがたい。
後半の宿、ゲストハウス「ボディバランスハウス」は、宮古神社の隣。
そして、目と鼻の先に「漲水御嶽(はりみずうたき)」がある。
d0008724_15194822.jpg
旅の始めと終わりに、ここに参るといいという。
d0008724_15264474.jpg
奥には、天の神、地の神、運を動かす神・・など、5人の神様がいて、それぞれにお参りするのだそうだ。
さらに奥に、白龍が住むという2本絡まりあったようなガジュマルがあり、
そこのご利益をいただく方法も知った。
d0008724_15281145.jpg
ちょうどいい時に、ちょうどいい人たちが教えてくれる。

宮古空港から程近いところに「石庭」がある。
ここも行きたいところの一つだった。
d0008724_15342649.jpg
足を踏み入れたとたん、うわっと風にあおられたような気がした。
全く別の空気だ。
蔵王の樹氷を小さくしたような、もの言いたげな石たちが、あちこちにグループをなして立っていた。
裸足で歩く場所もある。
d0008724_15353939.jpg
なんだか圧倒され、石の写真は撮る気持ちになれなかった。
ひとつひとつが仏像のようでもあり、道しるべのようでもあり。
思わず胸に手をあてたり。
d0008724_15415609.jpg
周りの植物や昆虫は、ここの空気を謳歌していた。
d0008724_15422272.jpg
美しいクモの巣。
d0008724_18524184.jpg

d0008724_19025529.jpg

前浜へ。海日和がうれしい。
d0008724_18541115.jpg

d0008724_18554250.jpg

d0008724_18565894.jpg

d0008724_18581851.jpg
みんなで、ジャーンプ❗
d0008724_19032790.jpg

d0008724_19034326.jpg

d0008724_19035862.jpg

d0008724_19041416.jpg

d0008724_19050562.jpg

d0008724_19060278.jpg

d0008724_19064822.jpg

夜は「豚匠」で、しゃぶしゃぶ宴会。

[PR]
# by Shuko-3 | 2018-11-25 23:18 | 日記 | Comments(0)

宮古島④ 大神島三日目

幻想的な朝焼け
d0008724_15140641.jpg

d0008724_15145635.jpg
朝日が昇っても反対側には、満月がほとぼりを冷ますように、いる。
d0008724_15152924.jpg

d0008724_16054286.jpg
なんにもない大神島で2泊、それでも飽きることはなかった。
自然に寄り添い、共に呼吸することは、ゼロに戻してもらうことなのだろう。

またね~ 大神島。
d0008724_14394806.jpg

宮古島に戻り、レンタカーでまわる。
砂山ビーチへ向かう途中、「福木コーヒー店」てランチ。
d0008724_14385296.jpg
店頭のシーサーがユーモラス。
d0008724_14422322.jpg

d0008724_15054086.jpg

小高い砂山を登って降りて、ぱーっと開ける砂山ビーチ。
裸足で向かう。
d0008724_14433330.jpg

d0008724_19021896.jpg

d0008724_14454190.jpg
奥座敷のプライベートビーチのようだが、修学旅行生がたくさん来ていた。
落書きは、正しく書けよお~
d0008724_14473362.jpg

夜は居酒屋「美ら美ら」
大神島で二日に渡って会った富山のご夫妻と、ここで再会!
大神島では1度しかお会いしてないと思っていたら、2度会ってたそうな。
「だって、その帽子・・」と、ミラクルハットを言う。
強力な目印だったようだ。
d0008724_14500411.jpg
再会を喜び、共に みん短をする。
d0008724_15020412.jpg

d0008724_15043251.jpg
飛び入り大歓迎 に誘われて、童神 をコラボ。
カチャーシーも踊った。
d0008724_15050730.jpg


[PR]
# by Shuko-3 | 2018-11-24 23:13 | 日記 | Comments(2)

宮古島③ 大神島二日目

大神島の朝日。
雲間から光が差しました。 
d0008724_16383293.jpg
撮った画像を後から見直してみると、太陽の右側に、緑っぽい球体が!
拡大してみると、うっすら点々があるような・・・
d0008724_16325444.jpg
それは2015年11月にであった、金平糖のような物体と似てました。
d0008724_16335496.jpeg

d0008724_16390583.jpg
やっと会えた、また会えた❗ 会いに来てくれたんだ!!
あなたたちの星は、地球から遠いの?


おぷゆう食堂の朝ごはん。 食べることへの感謝が生まれる。
d0008724_16415027.jpg

d0008724_16410969.jpg
昨日は行けなかったので、遠見台へ登り、大神の海と太陽にあいさつ。
かなりの強風で、長い滞在は はばかられた。
真理ちゃんが奉納の笛を吹く。ここは、笛の音がぴったり。

d0008724_16445559.jpg
午後は、引き潮あらわになった、海の底を歩いた。
見たこともない、大神の海だ。
大神の人たちは、引き潮の真夜中、ひょっこり出てくるカニを捕るのだそうだ。

また、大神島をぐるりと、歩いて回れるそう。
しかし、真夜中に、そんな勇気はナイ。。。
d0008724_16495560.jpg

d0008724_09071888.jpg
ゴミ拾いをしてまわり、10袋集めた。
これでも焼け石に水・・・
 
体を動かした後は、おやつのビール。
マスターがサッと、茹でたての枝豆を出してくれる。
d0008724_09061652.jpg

d0008724_09081788.jpg

夕刻まで、思い思いに過ごす。
d0008724_09103071.jpg
風をよける。
d0008724_09092967.jpg

d0008724_09111221.jpg

夜も、もれなく宴会。
デコ弾きのからくりがわからず、マスターからアンコールが。
d0008724_10230436.jpg

d0008724_10220802.jpg

d0008724_10242116.jpg

[PR]
# by Shuko-3 | 2018-11-23 23:49 | 日記 | Comments(0)

宮古島② 大神島一日目

いつもより ひやっとした強風が吹く
フェリーの甲板には いられず 客室に座り 大神島に到着
d0008724_08125801.jpg

d0008724_08192857.jpeg
珊瑚や貝で ひとしきり遊ぶ
d0008724_08180372.jpg
大神島へ来た目的のひとつに さとうとしこさんの書を
神様の一番弟子のおばぁに届けること
天照大神つながり

お宅を訪ねると 玄関はカギをかけておらず おばぁは不在
道でようやく会った(人がいない)おじさんに 尋ねると
おばぁはこの時間 畑で作業をしているとのこと

言われた場所に行くと 84歳のおばぁは 裸足でひとり
黙々とクワを持ち 土を耕していた

「去年いっしょに宴会した者です」 と言うと
おはぁは 覚えていなかった

作業が終わったら お宅におじゃまする アポを取った
d0008724_09241810.jpg
再び訪ねると 去年の宴会のことを 思い出してくれていた
去年の 感謝を伝える
d0008724_09245165.jpg

d0008724_09251612.jpg

ほんの短い滞在で おいとまする
また来年 会いましょう  どうぞおじぃと お元気で


d0008724_09022843.jpg

d0008724_09031319.jpg

「おぷゆう食堂」
早めの夕飯から 宴会が始まる
d0008724_08555794.jpeg

雲に覆われ 月の出は見られなかったが
寝る前の歯磨き ガラガラうがいをして 上を見ると
見事な満月が 鎮座していた
おぷゆう食堂は 今夜の宿であり 洗面所は 外なのだ
d0008724_13594381.jpg
睡魔は のし掛かるように やってきた
ひとしきり眠った 真夜中  目覚めて 窓から外を見る
月が立ち去ったはずの 方向に 
月にしては小さすぎる 星にしては大きすぎる物体が!!
d0008724_14054512.jpg
あれは なんだ⁉️
ときどき ワッと 光が大きくなる
画像を引き伸ばすと こんな形
d0008724_14072915.jpg

d0008724_14144751.jpg


[PR]
# by Shuko-3 | 2018-11-22 23:11 | 日記 | Comments(0)

宮古島①

羽田を 午後イチの便で 飛ぶ
なんと 羽田→那覇の便では 石垣へ帰る友人ときちゃんと ばったり会う
d0008724_10554374.jpg

那覇空港で あっちとこっちに別れる前
ここまで 一緒に来られた ミラクルと これからのハッピーに 乾杯
d0008724_10572262.jpg

宮古島へは 夕日の刻に 到着
d0008724_09203485.jpg

d0008724_15580752.jpg
定宿の ゲツトハウスに 荷物を置き
久しぶりに会う みんなが 集う
d0008724_09225181.jpg

d0008724_09235856.jpeg


[PR]
# by Shuko-3 | 2018-11-21 23:19 | 日記 | Comments(0)