みみうち、ひらめき、思いつき


by Shuko-3

<   2012年 10月 ( 38 )   > この月の画像一覧

それぞれの事情

d0008724_12374386.jpg台風一過

宿の屋上に
   登ると

この旅で
一番の青空が
広がっていた。

帰国の日に
 やっと
見せてくれた。

私はお別れの
ハモンドを
  吹いた。

d0008724_12403636.jpg
街は活気を

取り戻しつつ
   ある。

でも地下鉄は
止まったまま。

動き出した
   バスは

終日無料!



d0008724_12445458.jpg
バスはやはり
混んでいる。

不安なまま
JFK空港へ。

果たして私は
   今日

帰国の途に
つけるの
 だろうか?



d0008724_12471494.jpg空港への
シャトルバス
  発車駅

グランド・
セントラル
    まで

みんな
見送りに
来てくれた。

出戻りません
 ように 私。


d0008724_1250346.jpg1時間ほど
  して
空港に着く。

JFKは
 広い広い。

ターミナル8

ターミナル8

たどり
  着いたら
そこは
 長蛇の列。

   掲示板を見ると やはり私が予約した 帰国便は cancelled ・・・
   
デルタでも 日本航空でも 乗れないものだろうか? 
                どうやって交渉したら いいのだろう?

何はともあれ 長蛇の列に並ぶ。  すると・・・
 
   私の前に 並んでいるのが 日本人男性! 救いの手は すぐ目前に!!!

d0008724_130831.jpg 
日本人男性
Nさんの
  助けで

カウンターに
こちらの意図を
 伝える。

だが希望は
叶えられ
 なかった。

どの
航空会社も
欠航なのだ。
「アナタガ イチバン ハヤク ノレル便ハ 土曜日 デスネ」 って・・・
                           11月3日ぁ~~!?!? 

そう聞いたとたん 頭上に ドリフの金だらいが 落ちてきた・・・ような気がした。
               (なぜか たとえが ドリフになってしまう)  

自分を 取り戻すのに 少し 時間が必要だ。 ちょっと待って ください。。。

Nさんは ボリビアへ行く途中 乗り換えで JFKに降り立った。
こんな事態になって NYで1泊せざるを得なくなり 今夜の宿を 探していた。  

    宿? 宿なら 私が利用していた ゲストハウスが 空いてるかも・・・ 

私の延泊と 男性1名の宿泊を 予約。 うまく取れてよかった。

そんなワケで 再び Nさんと 宿へ戻った。 
宿へ向かう間 私は徐々に 腹をくくることができた。予定外の NY 3日延長。

d0008724_1315312.jpg   
ズンタッタ
 ズンタッタ

出戻~り 
ワルツ~~
 ♪ ♪ ♪

楽しむしか
    ない

あと3日
滞在するなら
調理しちゃお!

ほ~ら
ハロウィ~ン

d0008724_13182426.jpg  

トロントの
ホームステイ
    先に
帰りたかった

学生Kちゃん

南の方で
泊まった宿が
2日間停電

急きょここに
   投宿

Nさんも一緒に 一夜限りの 宴会。 ここで 出会った 不思議に 乾杯!  
なんと しゅ☆みぃずの プロモーションDVDも 酒の肴になりましたとさ(@o@)

d0008724_13241616.jpg 
こんな

ところにも



ハロウィ~ン 


明日
帰国予定の
 仲間3人は

最後の夜を 
ブロード
   ウェイで ミュージカルを観て 遅くに帰宿。
[PR]
by Shuko-3 | 2012-10-31 23:36 | ニューヨークの旅 | Comments(0)

ハリケーン 直後

d0008724_0304457.jpg昨夜は風雨が
ひどかった
   ようだ


宿の周りを
歩いてみると

木が折れて
  歩道を
覆っていた





d0008724_0321786.jpg宿にて

クリーム
スパゲティで
腹ごしらえ
 したあと

ハドソン川
   まで
歩いて

様子を見に
行こうと
 なった。

ハドソン川は マンハッタンの 左を縦に流れる川。 

d0008724_113379.jpg途中

セントラル
 パークの

一辺を
外から見ると


根こそぎ
倒された木が

信号や街灯も
倒されて
   いた


d0008724_1203576.jpgハドソン
 川べりの

リバーサイド
 パークに
    着く

海水が
 入り込んだ
地下鉄は
  もちろん

橋も通行止め

動いて
  いるのは イエローキャブのみ。
            マンハッタンは 昨日から 陸の孤島になってしまった。
南のほうは 停電や洪水で 被害がひどいらしい。
            柱時計の 振り子の部分が 機能しなくなってしまった。

階上に宿泊の 男性たちも それぞれ 歯がゆい思いを 抱えていた。

カーネギーでの ランランのリサイタルが 延期になったは いいけど
                             来年の 6月だって。

コンクールが中止になって 出場できなくなった 声楽家。
                でも 1つは受けていたから まだよかったって。

NYに着くやいなや 翌日からハリケーンで 観光も出来ず
 一番受けたいレッスンが 中止になり すぐに 帰国日が来てしまった ダンサー。

南にある自宅が 停電で機能しなくなり この宿に避難してきた NY在住の日本人男性。

宿のオーナーさん宅も 地下にあり 洪水で 相当な被害額になったそうだ。


誰もが 忘れられない 旅となった。
だけど 宿でこうして 出会って 楽しいひとときを 共有したことは
                           いい思い出と したい。

d0008724_128299.jpg

公園の
リスたちは


無邪気に
木の実を
食べている。

見ていると
  和む。




d0008724_1311314.jpg
嵐が去ったら


急に季節が
 進んだよう




冬の空気に。





d0008724_1333292.jpg
公園の
 ベンチは

誰がどこに

設置しても
いいん
 だって。


39歳の
誕生日に
 ・・・?


d0008724_1371564.jpg


葉ロウィ~ン












d0008724_139133.jpgその夜

ネットで
  見たら

明日私が
 1名だけ
予約した
 帰国便に

「cancelled]
の 表示が!

うそでしょ!
まさか・・・

明日の朝 まずとにかく 空港に行ってみることにした。
               他の 航空会社でもいいから 飛んでる便に 乗ろうと。
[PR]
by Shuko-3 | 2012-10-30 23:28 | ニューヨークの旅 | Comments(0)

宿にカンヅメ

ハリケーン・サンディは 思いの外ノロノロ。
明日の 帰国便が 欠航になった。

日本列島を すっぽり包むような ものすごい大きさだという。百年に1度とも。
あぁ 仕方ない。 ランディが 心配して メールをくれた。

Dear Shuko

Please stay safe with this bad weather in New York.
I know you can't take the plane tomorrow.
Bests, and hello to your friends.

Randy & Fatoumata

               ありがとう  うれしいです!

d0008724_23382193.jpg外に
出られない

 こんな日は

祐子
パフォー
   マンス

母ぱららん
   譲りの
そこはかとない
 笑いの
 エッセンス


d0008724_23511082.jpg














d0008724_015646.jpg
雨が
小降りに
  なった

タイミングを
  みて

デリへ
  買い出し






繋がらない電話 粘りに粘って アメリカン航空に連絡し 次の帰国便を 確保する。
1日遅れの31日発が 最後の1名分 空いているという。
みんなは 一刻も早く帰国しなければならない 私に その1席を 譲ってくれた。
3名は 11/1発となる。    ありがとう!
[PR]
by Shuko-3 | 2012-10-29 23:35 | ニューヨークの旅 | Comments(0)

未来の約束

d0008724_2091895.jpg相変わらずの
曇り空だったが

まだ何も
ハリケーンの
 兆候はない

街歩きには

こんな
 常備飯を
忍ばせておくと
   心強い。

ランディから
メールが届く。

d0008724_2014513.jpg
Dear Shuko

We arrived
very late
yesterday
from D.C.
and we need
to be ready
for the storm
coming, too
much win
also.



We are sorry we can't see you today.
Please had safe return to Japan.
Peace and Love to all.
Randy & Fatoumata Weston

何度も 何度も 読み返した。 英語力のない私にも わかる。 
                              台風に備えるため 会えないと・・

d0008724_20402328.jpgそう・・なんだ

すごく残念。

まだ天候の
変化は
ないのに・・・

これから
  ホントに
ひどくなるの?

手土産用の
  ワイン
用意してたんだ
   けどな ・・・

d0008724_2114890.jpg
気を取り直して
返信する。

わかりました
また会えるのを
楽しみにして
  います と。


程なくまた
ランディから
メールが。


Dear Shuko

Thanks for your understanding and we are sad we can't here you play but
it will be another day.
Life will give us another day to meet again.
Blessings.
Randy & Fatoumata
                  人生はきっと 別の日を 与えてくれる・・・か・・・・・

d0008724_2116313.jpgよっしゃ
  わかった
切り替え
  切り替え。


今日は日曜

教会で
ゴスペルが
聴けると
  言うので

ハーレムの
メモリアル・
バプテスト教会へ。  すでに 1回目の演奏は 中盤戦を迎えていて 
                          私たちは2回目の 12時から 入ることにした。
こうして 並んでいても オルガンと ドラムにのって 
                         はじけるように つやつやの歌声が 聴こえてくる。
通りには 観光バスが 乗り付け  ツアー客もたくさんいた。

中に入る前に 責任者と おぼしき ダンディな男性が 厳しい表情で 再三言っている。
「2回目は ほとんど音楽はない。 祈りの時間なのだ。 音楽を聴くのが 目的とされたら 
 心外だ。 説教を聞く気がないなら 最初の5分 歌が終わったら帰ってくれ」 

d0008724_21584726.jpg最初の5分
 音楽のあと

2時間
 説教が
続いたって

私たちは
礼拝堂に
留まる決意

いいよぉ~
いるよぉ~~


ゴスペルが 始まった。

なんて ソウルフルで パワフルで ほとばしっているんだろう!  
耳が目なら まばたきを 忘れていただろう。 作られていない そのまんま 湧き出た音楽。
暖かくて やわらかい かたまりが  すっぽり私を包んだ。
出会ったことのない 魂の歌声の シャワーを浴び 涙がにじみ 身動きできないでいた。

d0008724_22104875.jpg歌が終わっても
しばらく
オルガンが
流しているので

大満足だった。

説教は
右から左に
 流しながら

賛美歌集を
     開き
頭の中で
音を想像
  していた。

最後まで 1時間15分の礼拝に 参列した私たちを  教会の責任者は 
                             心から歓迎 握手を 求めに来てくれた。

私が聴きたかったのは 全ての根源のような 本場の 日常ゴスペルだったんだと思った。

d0008724_2217819.jpg夜7時には
地下鉄が
止まるかも・・

という情報で

早めに
アッパー・
ウェストサイド
     の

ホールフーズ・
マーケットへ


ハリケーンに 備える人たちの 列で 入場制限 がされていた。

d0008724_2314222.jpgゴスペルに
力を
いただいた
   と

としちゃんは

宿に帰ると
 書を描いた。

私も力の
   泉を
押された
気がしていた。


d0008724_2317326.jpg
なにか

同じような
 力を

感じて
いたのかも

 知れない






d0008724_23183119.jpg














d0008724_23185748.jpg














d0008724_23192954.jpg
描き終えた

筆すら


何か
言っている
  ようで


激写して
  しまった。



d0008724_2324778.jpg
風雨は

どうなるん
 だろう?


私たち
ちゃんと

帰国
できるかな?




d0008724_23252918.jpg突風が
吹き始める。

外に出られない
 こんな夜は

階上の
男性陣を
  誘って

みん短と
  なった。




★ 窓の外 降る雨見つめ 君想う 会えるといいな 会いたいときに

★ 好き放題 やるが人生 間違いない たしかめ算を しなくていいぞ

★ 自由とは 私にとって アートです 人生そのもの オマケいっぱい

★ こんな日も 銃声ひびく 夜の闇 息詰まるほど 敏感な音 
                    (本当に銃声が遠くでとどろいた)
[PR]
by Shuko-3 | 2012-10-28 23:46 | ニューヨークの旅 | Comments(2)
d0008724_16161592.jpg
メトロ・ノース
  鉄道


このトンネルが
宿への入口。


朝は近くの
コイン
 ランドリーへ




d0008724_16216100.jpg
みんなの
洗濯物を
  集めても

一杯に
ならないほど


ドラムが
  大きい





d0008724_16244995.jpg亮子ちゃんの
   発案より

あり合わせで
ランチを
    作り

セントラル
  パークへ。

生ベーコン
アボガド
 トマトサンド



d0008724_16282695.jpg

ふわ~~

気持ちいい!



おもわず

  深呼吸





d0008724_16291090.jpg
思い思いに

   過ごす


“柱時計の
  表札” は

みんなの
  憩いの場





d0008724_16304392.jpg



ハモンドを

吹いてみる








d0008724_16345992.jpg

散歩して
   いると


ふいに
雲間から

お日さまが
  のぞいた





d0008724_1636337.jpg
やった~!



NYに来てから


初めての

   陽の光





d0008724_1639587.jpg
並ばず

それぞれに

   歩く


B系の

  特徴(?)





d0008724_16423693.jpg
ここで食べた

サンドイッチは


思い出に
  残るほど

おいしかった






d0008724_16442182.jpgユニオン
スクエアは

熱い
パフォー
  マンスの

   最中。

19:00より

この近くの

ダリル・ロス
  劇場にて

d0008724_16474927.jpg「フルザ・
ブルータ」を
    観る。

オール
スタンディング


セリフはなく
   前衛的。

水 煙 ミスト
空中パフォー
   マンス・・


d0008724_16521589.jpg何が
繰り広げ
 られるのか

見当も
  つかない

不思議な
    世界。

横の壁を
    走る
天井が
  降りてくる

お客が 移動しながら 鑑賞する・・・

宅配ピザ型の 発砲スチロール。 空洞にした中心に 紙吹雪を 仕込んである。
ドリフのコントで よくあったように   この 発泡スチロールが 
   いろんな場面で 使われて 役者の頭をぶち抜き 色とりどりの紙を 舞わせていた。

にぎやかな 騒ぎが いったん収まると  今度は お客を餌食に(?)しようと
                                 数人の役者が 客席に 降りてきた。
役者の1人が 私をとらえた!   目の前に 私を置く ・・・ Σ( ̄ロ ̄lll)

アイコンタクトの後 私の頭に ピザ型発砲スチロールが 振り下ろされ ・・・  ズボッ !
                           くす玉が 割られたように キラキラが 舞った。
日頃の行い というか サガと 言うか・・・
売られた パフォーマンスは 買うという 習性は こんな場面にも出てしまうものだ。
気がつけば それに受け応え クラクラとよろめく パフォーマンスをしていた。

d0008724_17191342.jpg


幸せの粉


いただき

 ~~!











d0008724_1726638.jpg





エネル
 ギッシュで
幻想的で

最後は
ハチャメチャ

楽しかった!


「すごいハリケーンが 来てるらしい。 明日は 地下鉄など 止まるかも」 ・・・ 
                           と ジミーから聞いたのは この日の 夜だった。
[PR]
by Shuko-3 | 2012-10-27 23:14 | ニューヨークの旅 | Comments(0)

ニュージャージーへ

d0008724_1591117.jpg昨夜の
 興奮が
    残り

今朝は
 早くから

目が覚めた。


宿の周り
ハーレムの
町並みを
  散策。


d0008724_15123583.jpg
スーパーや

衣料品店に
入ってみる。


日常が
ここにある。






d0008724_151439100.jpg
肉類が

とても安く
 おいしい。


野菜は
  一般に

大きい。





d0008724_15183926.jpg
夕飯に

テールを
煮込んで
  おこう。

鍋の中でも


ハ~ロウィン

 ♪ ♪ ♪



d0008724_15201641.jpg忙しい
ジミーが

午後に少し
時間が
 取れる
とのことで

ニュー
ジャージーの
紅葉を見に

連れて行って
  くれた

柱時計から ハドソン川を 渡り  柱時計 左側の州に 渡った。

d0008724_15254344.jpg

それはもう

右見ても
 左見ても


美しい世界







d0008724_15274569.jpg
1本の木に


緑から
   黄色
オレンジ
    赤と

起承転結が
   ある





d0008724_15301096.jpg

NYに来て

ずっと
暖かだったが


少し風が

冷たくなった。





d0008724_1532070.jpg

今がちょうど

見頃だって。



いやいや

私の足じゃ
    なく・・




d0008724_15345100.jpg
ニュー
ジャージーに
   ある

日本の
  スーパー


入ると
まるで日本に
  いるよう




d0008724_15354693.jpg
店員さんも

日本人が
  多い


気さくに
自分史を
語ってくれた
  おばさん

素敵に
たくましかった


d0008724_1538494.jpg


南に下って


ハミルトン
 パークへ








d0008724_15421627.jpg

ジミーは


ここから見る
マンハッタンが

好きだと言う







d0008724_15454246.jpg















d0008724_15463394.jpg

葉っぱを

  まとった


街灯


寒くなって
 きたものね




d0008724_15483922.jpg
マンハッタンに
    戻り

五番街の

モマ・デザイン
  ストア
   あたりを

一人散策

買い物天国
  見るだけね


d0008724_15561424.jpg

ウワサの


ユニクロにも
 入ってみる


にぎわって
   ますなぁ





d0008724_15592663.jpg
[PR]
by Shuko-3 | 2012-10-26 23:48 | ニューヨークの旅 | Comments(0)

ランディさんのお宅訪問

d0008724_1329662.jpg今回のNY
細かい事は
何も決めて
いなかったが

1つだけ
旅の直前に
 出会った
ジャズ
 ピアニスト

ランディの
お宅を訪ねる
約束を
 していた。

              それが 2日目という早い時期に 実現する運びに。

朝電話をしたら 明日から ワシントンD.C.に行くので 今夜いらっしゃい と !!!
足も 地に着かない状態で 約束の時間まで 過ごす。

d0008724_13371150.jpg
宮殿の
 ような建物


中央郵便局で

切手を買い



階段に
 すわって

ホットドッグを

   かじる











d0008724_1340483.jpg

下車する
 駅や

道順を

何度も
 確かめる







d0008724_13431192.jpg
待ち合わせに
送れないよう

早めに
   向かう

大統領が
二人重なった

スゴイ駅名
  だなぁ・・




d0008724_1347474.jpg
初めて
 訪れる

ブルックリン


柱時計から
 はずれた

   右下


格調高い
雰囲気の

落ち着いた
   町並み









d0008724_13503810.jpg家々の
ハロウィン
  飾りが
愉快で

一軒一軒
見て回った

あっちの方
  一帯が
おもしろいよと

通行人が
教えてくれた


d0008724_13534630.jpg遊び心の
美術館みたい


ここの住人は
どんな人かと

興味を
 そそられる

飾った人も
  ハッピー

見る人も
  ハッピー

d0008724_13571848.jpg















d0008724_140178.jpg















d0008724_14125765.jpg約束の6時

ランディ
 ご夫妻は

待っていて
 くださった。

再会できた
うれしい
うれしいハグ。

ホントに
来ちゃったよ!


d0008724_14174380.jpg心の中では
めちゃくちゃに
 走りまわり

逆立ちしたり
転がったり

飛び跳ねたり
 していた。

友人たちから
   託され

日本から
持って来た
ものを お渡しする。  私は ピアノの タオルハンカチを プレゼント。

d0008724_14222671.jpgこんな
テイストは
NYにナイと

喜んで
   くれた。

ランディは
  やはり
ブルーピアノが
一番好き
   という。
そう
ブルーの魂の
人ですから。

d0008724_1425711.jpgさらにうれしい
  お誘いが

28日に
バーベキュー
  をするから
皆を招待
  します と。

その時に
私のピアノを
聴かせて
    と!!

ジャズの
    神様が   のたまひ申したので ございますよ れろれろれろ・・・ (@o@)

こんなことって・・・・   めまいするほどの コトのなりゆき・・
はい やってくる流れには 乗る主義ですから    よ、 よ、 喜んで!
としちゃんも その時に 書パフォーマンスをすることに。

                 出会いに ただ ただ 感謝。

ランディとの コンタクトは 祐子ちゃんの英語力が モノを言った。 ありがとう!

d0008724_14451997.jpg

帰りは


チャイナ
 タウンで

  夕飯







d0008724_14481022.jpg

今日の日の

  ことは


一生

忘れないー





d0008724_14502826.jpg

d0008724_14532918.jpg

なにげなく

注文した
 ビールが


“青” だった
[PR]
by Shuko-3 | 2012-10-25 23:24 | ニューヨークの旅 | Comments(3)

お久しぶり!

d0008724_22315292.jpg
少しうとうとと
仮眠を取ったが

本格的な
睡眠は機内で
 ということで

朝日に
   見送られ

定刻どおり
  飛び立つ



d0008724_22355628.jpg
12時間の
   飛行も
なんのその

夜明け前の
JFK空港へ
    到着

お腹
 すいたねー





d0008724_22382253.jpg天候は曇り
ときどき小雨

タクシーで
 紅葉を
   見ながら
まずは宿へ


NYの
マンハッタンを
柱時計に
例えてみよう。


丸い文字盤の真ん中に たて長の表札を置くとする。 この表札が セントラルパーク。
私たちの宿は 110st。 文字盤で言えば 短針が12時半 のあたり。

d0008724_22404363.jpg日本人経営の
ゲストハウス

私たちは
女子4人部屋を
  占領した。

自炊
 出来るので
日本から

ご飯や
インスタント
 みそ汁など
持参した。
これに 日々の食材を プラスすればいい。

d0008724_2250577.jpg

階上は
男女混合
  6人部屋


キッチンは
共同となる。







d0008724_22582072.jpg


世代を

 越えた


修学
   旅行?


















d0008724_23591520.jpg
荷物を置いて
一息ついたら

南の方の
ウォール街へ
行ってみよう
   となった

経済の中心地

刻一刻と
移り変わって
 いる印象。

9.11メモリアルに 行きたかったが 予約が必要なうえ 
                          かなりのセキュリティチェックがあり あきらめた

d0008724_0141259.jpg
見上げても
見上げても

てっぺんは
  雲の中?

空に
 届きそうな

ワンワールド
トレード
 センターが
建設中だった。


d0008724_0163446.jpgちょうど
お昼どきで

手を休めた
黄色い服の
作業員たちが
  おおぜい

未完成の
塔のふもとに
群生する

たんぽぽの
    よう。


d0008724_0194342.jpgパイプ
 オルガンの
調べに誘われ

トリニティ
   教会へ。

清らかな
  気持ちで
異次元を
   味わう。

ゆっくり 
  まわりを
見わたせば
         そこは 9.11で 亡くなられた人たちの 遺品を納めた 場所だった。
グランドゼロと 繋がる場所だった。  私たちは 3.11と 同じ気持ちで ここで祈った。

d0008724_0293794.jpg
さてここは
ユニオン
  スクエア。

柱時計の
振り子の

真ん中あたり。







d0008724_1375529.jpg
週に3日の
グリーン
 マーケット

採れたての
 野菜や

パン 雑貨など
  売られる


私たちの
食料調達所


d0008724_1411915.jpg
時期的に

ハロウィンの
ものが 豊富


見ている
    だけで
楽しくなる


つい時間を
  忘れる


d0008724_1431592.jpg

ボクの

  ママは
 

 どこ?







d0008724_1435967.jpg


き~ちゃんを

思い出したよ









d0008724_1445185.jpg

ロミオ 

 &

 ・・・・









d0008724_231426.jpg
ユニオン
 スクエアの

駅構内では


通るたびに
違う
パフォー
  マンスが

見られた



d0008724_241962.jpg柱時計
振り子の
   付け根

やや右寄り

グランド
セントラルは

教会の風情を
たたえた
歴史ある
ターミナル駅


あちこち うろうろできるのは  バス 地下鉄 共に 7日間乗り放題パスの おかげ。 
                                             29ドル

d0008724_2102550.jpg
夜は宿にて


「また
来ちゃったね」

 の 乾杯!
[PR]
by Shuko-3 | 2012-10-24 22:29 | ニューヨークの旅 | Comments(0)

2度目のNYへ

d0008724_1124290.jpg明日の朝
  6:50発
アメリカン航空

4:30集合の
    ため
深夜
羽田空港
国際線 
ターミナルへ。

日中の喧噪と
   対照的
静まりかえった 
深夜の空港
時おり通る 警備員を除けば このフロアにいるのは 私たちくらい。

思えば参加4人は、皆2度目のNY。
書アートのとしちゃん、デザインの亮子ちゃん、ぱららん娘・ダンスの祐子ちゃん、私。
年代はバラバラだが、共通項があった。     皆B型。。。
いや、AB型が1人いるから、皆B関係というところ。

d0008724_11273385.jpgこれから
  起こる
全ての
ワクワクに
  乾杯!

・・・と

昔の映画に
あったような
   セリフを
思い出しながら

旅のイントロを 過ごした。
[PR]
by Shuko-3 | 2012-10-23 23:59 | ニューヨークの旅 | Comments(4)

行ってきます

d0008724_10133510.jpg細かい事は
なにも
   決めず
明日から
   1週間

NYに
行ってきます

ゲストハウス
 利用なので
観光と言うより
しばし
生活する
  という感じ

d0008724_1019652.jpgガイドブックを
見てみれば
こんな
 フレーズが

NYが
心地良いのは

生まれた
  場所と
似た気候の
せいもある・・
     かも
[PR]
by Shuko-3 | 2012-10-23 10:22 | ニューヨークの旅 | Comments(2)