みみうち、ひらめき、思いつき


by Shuko-3

参加

障害を持つ 子供たちと 音あそびを する日
手を変え 品を変え いろんな方から アプローチを 試みる
コミュニケーションを 取るのが なかなか難しい
関心を示してくれるのは いつもの 2、3人
その他の 数人は 自分の世界にいて 自分の遊びを している
d0008724_14250308.jpg
白板に向かい ひとり黙々と 呪文のように ひらがなを 書き連ねていた 小学校低学年の Yくん
「アンパンマン」が 好きだと知って アンパンマンの テーマを 弾いた

すると ほんの少し ニヤッという 表情をみせた
が 相変わらず 音あそびには 無関心で 自分の世界
そのまま 音あそびの 時間が 終わった

後で 知ることとなったのだが
Yくんは あのあと ずっと アンパンマンの 歌詞を
紙に書いて いたそうだ

彼なりに 音あそびに 参加してくれていたと 知って うれしかった

 



[PR]
by Shuko-3 | 2017-03-22 23:48 | 日記 | Comments(0)