みみうち、ひらめき、思いつき


by Shuko-3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

あいちトリエンナーレ

今日の 名古屋は 小雨模様

今どきの 夜行バスは とても親切だ
早朝に 到着しても 自社の ラウンジがあり
洗顔や 化粧 着替えが でき ドリンクサービス 
コンセント 足マッサージ機などが 備えてあり 
9時まで利用可  ありがたい

昔のように 駅前ホテルの トイレを使わなくて済む

いい時分に なったので 行動開始

名古屋と言えば まずは モーニング
名古屋駅から 少し歩いた「クックタウン」へ
どこか 昭和の 香りがする

私で テーブルは すべて埋まり 次の お客からは 相席に

喫煙可なので 個人的には 注意が必要

d0008724_23093014.jpg

「ドリンクを 決めて下さい」と 言われたので
アメリカンを 注文する   すると・・・

「パンの耳は そのままでいいですか?」と聞かれる

「は、はい・・」(?)

ほどなくして キター❗

d0008724_22402883.jpg
これで コーヒー代380円 のみ
朝の活力が 十二分に 蓄えられた
大満足

足元が濡れない 心地よい小雨が ありがたい

まずは 開館時刻が 一番早い 名古屋美術館へ
・・といっても まだ1時間も 時間がある
もう一度 喫茶店に入ったら またモーニングを 
                  食べることになるではないか

そんなときは コンビニの イートイン・コーナーだ
ヨーグルトを 買って 時間まで 過ごす
便利に 使えば ムダもない

名古屋美術館が ある 白川公園入り口
大きな 看板が ある
               
d0008724_18303738.jpg
開館直後の せいか ほとんど 人がいない
ぬれた 美しい 緑に迎えられ 進んで行く
d0008724_18310080.jpg
キバナコスモスも 見頃

d0008724_18312627.jpg
建物が 見えたかと 思ったら 虹の 網が!
これから 迎える 落ち葉の季節の ために 葉っぱ受けの 網?
・・・ と 思ったら
d0008724_18314605.jpg
今回のテーマ 『虹のキャラバンサライ』に ちなんだ 作品だった
色とりどりの 毛糸を くくりつけてある
d0008724_18320386.jpg
ここで 普通チケット1800円を 買い求めた
どこの 会場でも 1回だけ すべて観ることが できる
d0008724_18321958.jpg

美術館の 他にも 街中にある 使われていなかった ビルやスペースを 利用し
実に さまざまな 作品が 展示されていた
4階 5階 と 階段で まわる

d0008724_18324225.jpg
大胆 かつ 斬新
d0008724_18325840.jpg
昼食は またもや 昭和の香りの ここ
お昼を 少しはずしたので お客は あまりいなかった
カウンターに 座り 「うちゅう」を 注文する

d0008724_18332093.jpg
「うちゅう」 とは うどんと 中華めんの ミックス
それに 野菜天ぷらを オプションで
味は 意外に 濃いめ  ネギたっぷりが うれしい
中華めんを 食べると 味が 濃く感じられ
うどんを 食べると 少し 緩和される
めんの 太さの せいだね

ミックスは 1.5人前から という
がっつり いただいた

もちろん 「うそ(うどん+そば)」「うき(うどん+きしめん)」もある
かならず うどんは 入るそうだ

隣のおじさんが ミックスめんの カレー味を 頼んでいた
なーるほど それもアリか  さすが 上級者

d0008724_18333857.jpg

午後の メインは 音楽&美術の 殿堂  ここ
d0008724_18340310.jpg
子どもが 遊べるコーナーも あり 親子連れで 賑わっていた

雨にぬれる 外の庭園にも 外国人による 縄文風の 作品
 
d0008724_18343502.jpg
大巻伸嗣氏の この作品は 目を引いた
クツを ぬいで 案内された どこまでも白い 通路を 行くと
パーーッと 目の前に 広がった

微細な 鉱物の 粉末で作り上げられた 花たち
味わったことの ないような 異空間

この 美しい作品の上を 土足で(?)歩けるときがある
係員に 尋ねたら   まだ 決まっていませんが
おそらく 開催期間の 最後の週かと思います とのこと
罪を 冒すような スリリングな 体験は
ラストに あるようだ
d0008724_18345183.jpg
この ミラクルハットで 来たのは もちろん
虹に ちなんでのこと
d0008724_18350584.jpg
グラスの 中の 異空間
d0008724_18352659.jpg
下から くぐって モグラのように 顔をだし イスにすわる
雑多に 置かれた 本の中から 
自分の 気持ちに フィットする 1フレーズを みつけられたら
 うれしくなる

d0008724_18354287.jpg
ああっ  これっ!!!
こんな ところで 出会うとは

そう・・・
説明には 「東北の 暮らしの 中で・・・」云々 と
場所が 明記されて いなかったが
忘れもしない これは 秋田の「大湯環状列石」
ストーンサークルだ
d0008724_18355664.jpg
図書館に 本を寄付する気持ちで 
思い入れのある あなたの 服を 寄付してください  とあり
ひとつひとつに その 思いが 書かれてあった

衣服を 自由に 借りられる 公共空間を 構想  とのこと
d0008724_18361334.jpg
一日歩き回ったので 夕方から 名古屋テレビ塔で ある
今日だけの イベント(座って楽しめる)
「ぺちゃくちゃナイト」に 参加してみる
10分ずつ イベントの 事務局 運営など 裏方さんが
スライドと 共に ジュッと 濃い話を してくれた
裏の 話は とても 興味深い

d0008724_18363035.jpg
ふう~ そろそろ お腹が すいてきた
夕飯は 矢場とん の 味噌トンカツ定食
他の 装飾ナシ キャベツと トンカツのみ 凜と 盛られ
たっぷりの 味噌だれが 目の前で かけられる
ミソラーの 私としては たまりません
ご飯も お変わりしました
d0008724_18364472.jpg
あー よく 歩いたなぁ
名古屋地区 ほとんど まわれた

何じゃ こりゃ!? わからーん  という作品も あれば
汚部屋も アートなの?? と感じることも あったし
発想の 視点に 感心 感動 だったり

異表現は ツンツン 刺激を くれた
次回 3年後 また 観てみたいと思う

d0008724_18371415.jpg
帰りは 23時発の 夜行バス
まだ 間があるので ここで ひと風呂浴びることに しよう

d0008724_20061276.jpg

     行きも 帰りも 若い女性ドライバーだった
     体力もいる 仕事だろうに すごいなぁ・・

[PR]
by Shuko-3 | 2016-09-22 22:25 | 日記 | Comments(0)