みみうち、ひらめき、思いつき


by Shuko-3

講演会ふたつ

午前、午後と、1日にふたつの講演会を聴くのは、滅多にないこと。
まずは朝日カルチャー新宿にて、ピアノプロデューサー・高木裕さんの講演。
d0008724_144397.jpg
江口玲さんの
演奏会を通じて

高木さんの
   存在を
 知りました。

高木さんは
ピアニストが
気に入った
音に調律した
  ピアノを
ホールまで
運ぶという

  これまでになかったサービスを作り上げました。

  弦楽器も管楽器も自前なのに、ピアニストだけがホール備え付けの慣れないピアノを
  弾くのがあたりまえという状況に 新風を吹き込みました。

  そうなっていく課程や、ホロヴィッツとの関わりや人生を変えた出来事、“6月19日”の
  シンクロ、どうしてスタインウェイのピアノはよく鳴るのか?とか、とてもわかりやすく
  語ってくださいました。
  
  巨匠といわれるピアニストたちが 活躍していた古き良き時代。
  当時の音を追い求める高木さんの、あくなき探求にロマンを感じます。
  ピアノを通して巨匠たちから「ことづて」を預かっているようです。

  次なる高木さんのロマンは、4/27浜離宮朝日ホール 江口玲リサイタル です。

d0008724_1432646.jpg
同じ新宿の
サザンシアター
      にて 

遺伝子の権威
村上和雄さんの
ドキュメンタリー
  映画と講演会 

笑いや 恋心も
細胞を活性化
 させることを

科学的に
  示しています

  人間の遺伝子には、1000文字×1000ページの百科事典約3200冊分の情報が
  入っていると言われてる・・・

  ワクワクするフレーズじゃありませんか!
  使っているのは、そのごくごくわずかだと言います。

  人間の遺伝子はみな同じだが、よくよく見るとちょっとした違いがある。
  それがその人の使命、とも言えます。

  これだって、すばらしい言葉です。

  眠っている遺伝子をスイッチ・オンにして、自分らしい人生を送りたい。
  スイッチの入れ方としては、ワクワクすることをやる、笑う、環境を変えてみる、です。
[PR]
Commented by アンジェラ at 2011-03-28 00:23 x


この時に

信じることが大切だね~~~ぇ☆

地球の呼吸に耳を清ませて

遺伝子の螺旋は限りない未来の階段さ~~ぁ(^^)

アタシも腹をくくって

和来るんぱするよ!!

ありがとうね☆
Commented by shuko-3 at 2011-03-28 23:16
自分の中に、人類誕生からの遺伝子がすべて組み込まれていることを知ると、常にいつの時代からも応援されているように感じます。

今こそ、スイッチ・オン!
Commented by よしこ at 2011-04-02 00:13 x
村上和雄さんの講演、昔、行きました。
本も持っています。また、読み返してみようと思います。
Commented by shuko-3 at 2011-04-02 09:48
よしこちゃん、足立幸子さんだけじゃなく、村上和雄さんでも繋がってたのね。
なんか、うれしい・・・
by shuko-3 | 2011-03-26 23:57 | 日記 | Comments(4)