みみうち、ひらめき、思いつき


by Shuko-3

ビバ! 津軽弁

d0008724_828337.jpg
昨夜 新宿ジュンク堂にての
津軽弁イベント
鎌田紳爾氏と
アーサー・ビナード氏の
         対談に参加

鎌田氏は音楽家
アーサー氏は詩人

我が母国語・津軽弁が
    こんなにも豊かで 
感情に添った美しい言葉だと あらためて思う

思えば高校入学のため上京し まわりのハイカラなクラスメートたちに 
津軽弁を話すなどと お首にも出さなかったなぁ ・・   
      いわゆる めぐさい(恥ずかしい)言葉だと 引け目を感じていた

そんなことはないのだ!  

やっぱり私の思考回路は津軽弁だし 口もとにある 『標準語変換ソフト』を通して発している

アーサー氏の 翻訳するときのみごとな比喩の数々に感嘆 
これまた日本語のすばらしさを 再確認させられた思いだった

思えばふるさと津軽は ねぶたの最中    ここ新宿も 熱い津軽の風が吹いた
[PR]
Commented by 梨馬 at 2009-08-07 14:02 x
shukoさん
昨日は本当にいいバゲでした!
楽しくてエキサイティングで。
津軽弁ってこんなオーラーを放つ言語なんだって
再確認しました。
私たちの愛ことばは
へばナイスディ
ですね!


Commented by wakaba at 2009-08-07 17:26 x
これって、私が行ってたら・・・??????の世界でしたかね!?
Commented by shuko-3 at 2009-08-07 23:16
>梨馬ちゃん
んにゃまんだ、いいバゲでした。
こういう会がちょくちょくあればいいですね。

>wakabaちゃん
いや、大丈夫!津軽弁になじみない人もしっかり笑っていたよ。
Commented by まさどん at 2009-08-09 22:17 x
自分の言葉がめぐさいと思うと、自分自身もめぐさいと思ってしまいがちです。
これは辛いことですよね。
自分の中に表と裏が出来たりもします。
本当は、全然そんなこと無いのに…ね~~♪
Commented by shuko-3 at 2009-08-10 00:54
そうなんです!
自分の弾くピアノも、なまってると思ってましたから。
実際、夏休みに田舎へ帰省すると、感性がなまると言われてましたから。
全然そんなこと無いのに・・と気づくまで、時間がかかりましたよ。
by shuko-3 | 2009-08-07 08:41 | 日記 | Comments(5)